一般皮膚科

問診票ダウンロードはこちら》

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

一般皮膚科

一般皮膚科

かぶれや蕁麻疹(じんましん)、アトピー性皮膚炎、にきび、いぼ、やけど、水虫、帯状疱疹など皮膚全般のトラブルに対応しています。基本的には保険診療による皮膚科診療を行っております。

当院では丁寧な問診および視診を中心に、必要に応じて検査を行います。現状について十分な説明を行うだけでなく、よりよい改善を踏まえた治療方法のご提案をさせて頂きます。
小さなお子さまからご高齢の方まで、患者さんお一人お一人に適した治療を行います。

主な皮膚の病気

特徴的な疾患のご案内

ほとんどの方が一度は経験があるような、一般的な皮膚疾患です。皮膚についた物質により炎症を引き起こされることで赤い発疹や丘疹ができたり、かゆみがおこったりします。原因は、金属、植物、化粧品、洗剤などさまざまです。パッチテストなどで原因を特定し、接触を避けることが大切です。治療は、ステロイド剤のぬり薬や抗アレルギー薬の飲み薬などで行います。

大小さまざまな赤い膨らみが突然現れ、激しいかゆみを伴います。数時間もすれば消えますが、半日から一日中続く場合もあります。1か月未満におさまる急性じんましんと1か月以上続く慢性じんましんがあります。原因としては、引っかいたりこすったりの刺激、食物、汗、寒冷、薬、ストレス、感染症など様々あります。じんましんの70%位は原因がはっきりしませんが、症状に応じて採血・アレルギー検査などを行い、原因・悪化因子の特定と除去・回避が必要になります。治療は、抗アレルギー薬の飲み薬が基本になります。

かゆみの強い湿疹が繰り返され、皮膚の乾燥を伴うのが特徴的な疾患です。患者様の多くがアトピー素因(アレルゲンに対してアレルギーを起こしやすい体質)を持ちます。食物や衣服、汗、ダニやハウダストなどが原因となっている場合もあり、症状に応じて採血・アレルギー検査を行います。アレルギー検査で陽性のものは、なるべく避けたり生活の工夫によって、症状を改善することができます。治療は、保湿剤で乾燥から肌を守ることを基本とします。患者様のご希望を十分に話し合った上で、湿疹の状態に応じてステロイド剤や免疫抑制剤の塗り薬を使用します。かゆみの強い場合には、抗アレルギー剤、漢方薬の飲み薬を使用します。

毛穴に皮脂がつまった面皰(コメド)、増殖したニキビ菌やたまった皮脂により炎症がおこり赤い丘疹や膿を伴う膿疱がみられます。ひどくなると瘢痕(ニキビ痕)を残すこともあります。ホルモンの影響が大きく、思春期に多くみられます。それ以外でも睡眠不足やストレス、不摂生によっても発生します。治療は、年齢や肌質により若干異なりますが、毛穴のつまりを取り除く外用剤や抗菌剤などのぬり薬、抗菌剤やビタミン剤の飲み薬で行います。保険外診療では、ケミカルピーリングやイオン導入などを行います。

やけどの深さや程度、部位によりますが、応急処置として水道水を出しっぱなしにして速やかに冷やす事が大切です。水ぶくれができた場合、水ぶくれは傷口を保護する役割があるので、ご自身で破かずに診察を受けてください。診察を受けるまでの間は、冷たい水でしぼった濡れタオルや保冷剤をハンカチなどでくるんだものを当ててください。治療は、炎症を抑えるぬり薬や各種創傷被覆材を用いて行います。

身体の左右のどちらか一方にピリピリとした刺すような痛みと、これに続いて皮膚の赤みや水膨れが帯状にあらわれます。水ぼうそうのウイルスよっておこります。発症は幅広い年代で診られますが、ご高齢の患者さんが多いです。加齢やストレス、過労が引き金となります。治療が遅れると重症化するため、早めの治療をお勧めします。合併症に注意しながら治療を行います。治療は、ウイルスを抑える飲み薬を基本とし、痛みの強い場合には、鎮痛剤やビタミン剤の飲み薬で行います。

たこやうおのめは、主に足のゆびや足の裏の皮膚の角質が厚くなっている状態を言います。たこは皮膚が厚く手で触ると固く感じる状態を言います。うおのめは皮膚の厚くなった中央に芯ができ、神経を刺激する痛みを伴います。治療は、角質を削ったり、角質をやわらかくするぬり薬で行います。履き物をご自身の足に合ったものに変えることで改善されます。

皮膚の表面がザラザラしたできものをいぼと言います。ウイルス性いぼと老人性いぼとに分かれます。ウイルス性いぼは、皮膚にできた小さな傷などからヒトパピローマウイルスが感染し、数が増えたり、大きくなります。治療は、主に液体窒素冷凍凝固法を行います。いぼが大きくなると治療回数が増えますので小さいうちに治療するのがお勧めです。いぼの種類によってはぬり薬による治療も行えます。 老人性いぼは、中年以降の顔面、頭部、体幹にみられる黒色~茶褐色の良性腫瘍です。加齢とともに増加する傾向があります。治療は、液体窒素冷凍凝固法や切除を行います。保険外治療は、レーザーによる除去を行います。

白癬(水虫)は白癬菌というカビの一種に感染することで広がります。趾間や足爪、足底、踵、股部などに感染します。公共の場を裸足で歩いたり、靴やスリッパ、バスマットなどを共用してうつるとされています。不適切な治療によって、かぶれや細菌感染症を合併している場合もあります。真菌顕微鏡検査で白癬菌が陽性の場合、皮膚だけであれば抗真菌剤のぬり薬、爪にも認められる場合には飲み薬による治療が効果的です。自己判断で治療を中止されますと再発しますので定期的な通院をお勧めします。

皮膚が赤く盛り上がり、表面がかさぶたのようになって白い粉のような皮膚片がはがれ落ちるのが特徴的な疾患です。髪の生え際、肘、膝、腰、爪などに現れやすく、全身に広がります。半数以上でかゆみを伴います。治療は、ビタミンD3外用剤やステロイド外用剤のぬり薬で行います。かゆみがある場合は抗アレルギー剤ののみ薬も使用します。重症では、シクロスポリンやレチノイドの飲み薬で治療を行いますが、場合によっては総合病院や大学病院にご紹介させていただきます。

クリニック概要

所在地
〒330-0061
さいたま市浦和区常盤9-33-17
電話
048-835-5271
最寄駅
JR京浜東北線北浦和駅西口徒歩3分

診療時間

  日祝
9:30~13:00 - -
15:00~18:00 - - -

休診日:水曜日・日曜日・祝日
※受付は診療終了30分前まで

ACCESSMAP

アクセスマップ


当院の入り口は、ふれあい通り商店街の通りに面しております。
マンション居住側の入り口ではありません。
マンション居住側への立ち入りは、住民の方のご迷惑になりますのでお控えください。