小児皮膚科

問診票ダウンロードはこちら》

患者の気持ち

携帯サイトQRコード

小児皮膚科

大嶋皮膚科クリニックの小児皮膚科では、新生児からの皮膚科診療を行っています。

アトピー性皮膚炎、おむつかぶれ、あせも、とびひ、水いぼ、いぼ、虫刺され、すり傷・切り傷、やけどなどお子様に特有の皮膚疾患について、保険診療を行っております。水いぼは麻酔のシールで痛みの少ない治療も可能です。

キッズルーム

また、クリニック内をご利用頂きやすいよう、キッズスペースやおむつ交換台を設けました。

お子さまの肌は大人に比べてまだ発達途中にあるため、とてもデリケートです。
少しの刺激で湿疹やおむつかぶれなどトラブルを生じてしまいます。
症状を長引かせないためにも、お子さまの皮膚のトラブルに気づかれたら早期治療をお勧めいたします。

お子様に多い皮膚疾患

お子様に多い皮膚疾患

あせも、 乾燥肌、 乳児脂漏性湿疹、 アトピー性皮膚炎、 おむつかぶれ、 とびひ、 虫刺され、 けが、 やけど、 あざ、 しもやけ、 水いぼ、 いぼ、水ぼうそう(水痘)、 手足口病など

特徴的な疾患のご案内

おむつかぶれ

おむつが当たっている部分に赤い湿疹ができます。ひどくなると真っ赤になって皮膚がただれ、そのうちに皮がむけて痛みをともなうこともあります。原因としては、紙おむつやテープの材質が合わずにおこる接触皮膚炎のこともありますが、多くの場合は、うんちに含まれる消化酵素が皮膚への刺激となって炎症をおこします。
治療は、皮膚を乾かし保護する軟膏、炎症を抑えるための非ステロイド外用剤やステロイド外用剤で行います。おむつ交換時のケアも重要ですので、分かりやすく説明させていただきます。

あせも

一般には炎症を伴った「紅色汗疹」のことで、赤い湿疹や丘疹、水疱が皮膚の表面に現れます。汗がたまる首回りや手足のくびれ、汗腺の多いひたい、蒸れやすいおしり部分などにできやすいのですが、広範囲にわたることもありあます。体温調整ができない乳幼児や皮膚がもともと弱い人に多く見られると言われていましたが、近年の気温の上昇により成人にも見られるようになりました。
風通しの良い汗の吸収に優れた服装を心がけたり、汗が出たらこまめに拭き取り、シャワーを浴びたり沐浴をするなどをしてできるだけすぐに汗を取り除くことを心がけて、予防を行うことが肌を清潔に保つコツになります。それでも、かゆみがひどかったり、赤みがひかなければ外用剤での治療が必要となります。

乳児脂漏性湿疹

乳児期の赤ちゃん(だいたい1歳位まで)の顔や体の一部に良くみられ、赤い湿疹や黄色い脂のようなものやカサカサとしたフケのようなものがついたりします。頻発するのは生後2~3週間から2ヶ月頃の一時的に性ホルモンの分泌が盛んになる時期です。
治療の基本は清潔にすることです。必ず洗浄料を使って洗い、よく洗い流します。その後、保湿を行います。赤みが強かったり、かゆがるようであれば、主にステロイド外用剤での治療が必要となります。

みずいぼ

幼児や小児によく見られるウイルス性いぼの一種で、正式名称は「伝染性軟属腫」です。光沢があり、直径1~3mm程の大きさで、皮膚が柔らかい場所の表面にいぼとして現れます。特に腕や脇の下、膝の内側などに見られます。
さほど気にせず、放置しても自然に治癒することも多々ありますが、全く治らず、長期に渡り拡大していくケースも多いです。感染しやすいため、周りの友だちにも迷惑がかからないよう早期の治療が望ましいです。
治療は直接取る方法なので痛みを伴いますが、事前に麻酔テープを貼ることによって痛みを緩和させることも可能です。
※水いぼで麻酔テープを希望される患者様は、午前は11時45分まで、午後は4時45分までにお越しください。
なお土曜日の麻酔テープはおこなっておりません。

とびひ

とびひは、正式な名称を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といい、細菌による感染症です。皮膚に感染し、どんどん人に移っていきます。皮膚にできた「ただれ」や「水ぶくれ」の一部を掻きむしり、そのままその手であちこちを触ることで全身へすぐに広がる様子から、火事の火の粉が飛び火する様に似ているため「とびひ」と呼ばれます。
治療は、抗生剤の外用や内服を行います。患部を清潔に保ち、通気性をよくしておくことも大切です。

やけど

まず第一に応急処置として水道水を出しっぱなしにし、患部を冷やすことが重要です。水ぶくれができた場合は破かないことを守ってください。水ぶくれは傷口を保護する役目があります。そのまま皮膚科を受診してください。診察までの間は冷たい水でしぼった濡れタオル、また保冷剤をハンカチなどでくるんだものを当てて続けてください。
治療は患部をなるべく潤しながら、炎症を抑えるぬり薬や各種創傷被覆材を用いて行います。

クリニック概要

所在地
〒330-0061
さいたま市浦和区常盤9-33-17
電話
048-835-5271
最寄駅
JR京浜東北線北浦和駅西口徒歩3分

診療時間

  日祝
9:30~13:00 - -
15:00~18:00 - - -

休診日:水曜日・日曜日・祝日
※受付は診療終了30分前まで

ACCESSMAP

アクセスマップ


当院の入り口は、ふれあい通り商店街の通りに面しております。
マンション居住側の入り口ではありません。
マンション居住側への立ち入りは、住民の方のご迷惑になりますのでお控えください。